2015年12月02日

ネットでの出会い系サイトの普及


インターネットにより出会い系サイトが普及したことによって、出会い系という言葉が一般的になりました。

かつては、出会い系サイトというと、一度限りの割り切りの関係を求めた男女が出会うためのもの、不倫や援助交際を助長させるものという印象が強かったのですが、最近では、この言葉がかなり一般的に受け入れられています。

しかし、一般的とはいってもイメージとして健全なわけではありません。形はお見合いや合コンと同じように見えても、アンダーグラウンドでの男女の出会いであることには変わりはありません。

そのため、自治体などでお見合いパーティーなどを催す際にこの言葉を使用して問題になったことがあります。

自治体が運営しているのはこういう感じですね。

あおもり出会いサポートセンター⇒URL
岩手県結婚支援情報ポータルサイト⇒URL
福島県 ふくしま男女の出会い支援ネット⇒URL
やまがた出会いサポートセンター⇒YamagataHappyLifeProject


不倫や援助交際をイメージさせるため、自治体として公式に使用するのはいかがなものかということになったのです。

確かに、一般的になった言葉だからといって、なんでも使っていいというわけではありません。特に自治体という公共的な立場を考慮すれば、言葉の使用には注意が必要です。

絶対おすすめ!出会えた優良出会い系サイトランキング2016!VISPA


posted by mackenzie00 at 04:44| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。